知っていますか?今は1錠だけ飲めばインフルエンザ撃退できてしまうんです(@_@)

こんにちは!
花粉にやられていて、結局体調万全ではないつかちゃんマンです!
でも気持ちは元気に!!

ってことで今回はびっくり!!1錠でインフルエンザを治してしまう薬がある!?
というお話をします。

インフルエンザって、高熱は出るし、寒気も凄いし、頭痛関節痛もあるし
5日間は外にも出られないし、とっても辛いですよね(T_T)

高熱は本当につらいものなので、早く下げたいですよね。
そんな時に今年から?処方されるようになったのが、
「ゾフルーザ」という1錠だけ飲めばインフルエンザが治ってしまう薬!

今までは約1週間、吸入や錠剤を飲まなければならなかったのが、たった一度だけ飲めば良いなんて(゜.゜)

素晴らしすぎるけれど、本当に効くのでしょうか?

 インフルエンザ治療薬として、昨年3月に発売された塩野義製薬の錠剤「ゾフルーザ」が注目されている。
1回の服用で済む大きなメリットがあり、使用が広がっている反面、専門家は「他の薬よりも非常に耐性ウイルスが出やすい」と慎重な使用を求めている。

 主なインフルエンザ治療薬は従来、リレンザ(吸入)、タミフル(経口)、ラピアクタ(点滴)、イナビル(吸入)があったが、どれも、細胞内で増殖したウイルスが外に出るのを妨げる仕組みだ。
それに対してゾフルーザは、増殖自体を抑える。
症状の改善効果はタミフルと同等だが、ウイルスを殺す力は100倍も大きく、周囲への感染防止効果がある可能性もある。
服用回数は、タミフルが1日2回、5日間服用するのに対し、ゾフルーザは1回だけ。このように、従来と違う仕組みで効果があり、使い勝手もいい。

とネットでは言われており、周囲でも何人か使ったという人がいるが、
熱もすぐ引き、薬をたくさん飲まなくて良いから楽だという意見でした。

しかし、上記引用の部分にもある通り、耐性ウイルスが出るという可能性を考えると
重篤な場合など特別な場合を除き、タミフルを使った方がいいのではないか
という意見もあるようです。

 

薬は、病気を治したり、緩和させてくれる半面、
耐性ができてしまうことや、副作用がでてしまうことなど多くの不安もあるから難しいですよね。
病気持ちになってから、多くの薬を飲んできて、それは強く思うようになりました(;´・ω・)

 

やはり健康が一番。
素晴らしい薬が開発されることは嬉しいけれど!!
手洗いうがい、自ら進んで予防していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!