部下を育てるときにも使える!!~仲亀彩さんの『お客様の心をつかむ 魔法のほめ言葉事典』~

こんにちは!
塾講時代に「ほめる」ことを学んだつかちゃんマンです!!

今回は、高野登氏も推薦する、一流ホテルでリピート率80%という、
女性シェフ仲亀彩さんの本
お客様の心をつかむ 魔法のほめ言葉事典
を紹介します!!

どんな相手にでも、ほめられたら嬉しいですよね?
ほめてくれた相手に、悪い態度なんて取れないですよね?
「ほめる」ことは人間関係を円滑にする、魔法の行為だと思います(^^♪

仲亀さんは、この本の冒頭で
「『ほめる』ことがすべてのおもてなしの基本になっていると思っている。その考えで接客した結果、ご満足いただき、リピーターになってくださったお客様もたくさんいます」
と述べています。
「ほめる」ことで最上級のおもてなしができ、そのおかげで満足してくださるお客様もいる・・・
素晴らしいことですよね!

そんな仲亀さんが、ほめるのに使えるフレーズを紹介しているので
少しここでも紹介します♪

 

身につけているものをほめるとき
例えば、カバン。
○○さんのバッグ、デザインがおしゃれですね
鞄を見てわかるのは、デザインやカラー、生地。そこに注目してみることで、すぐにほめることができます!
そして「おしゃれ」という言葉は万能なので、ぜひ活用してください(^_-)-☆

○○さんのバッグ、持ちやすそうですね
リュックなどの時は「道具」としての機能性などをほめることが大切なポイントです!

顔まわりをほめるとき
例えば、髪型。
○○さんの髪型は今日の服装と合っていますね
スーツを着ていても何を着ていても、身だしなみとして服装にあった髪型にしている人が多いと思います。
そこに注目してほめるので、基本的に誰に対しても使える言葉になっています。

○○さん髪型変えましたか?
前のも好きだけど、今のもすごく似合うね
職場の方、友人など、頻繁に顔を合わせている人が髪型を変えたらほめるチャンスです!

私もそうですが、髪型を変えたときってまわりの反応が気になりますよね。
そんな時にほめられたら誰だって嬉しいもの。
「前の髪型も」と入れることもポイントです。

 

身体的特徴をほめるとき
例えば、声。
○○さんの声はとてもきれいですね
自分が聞く自分の声と、他人が聞く自分の声は同じ音ではありません。
つまり、自分の声がいいと自覚している人はほとんどいないということです。
だから、自分でも気づけない自分の良いところをほめてもらえたと嬉しく感じることができるのです!

○○さんの声は艶があって美しいですね
良い声、というだけじゃ物足りないというときに使えるフレーズ。
ただ、相手が異性のときは要注意。
初対面、あまり親しくない間柄の人には使わないのが無難でしょう。

行動・性格・雰囲気をほめるとき
例えば、自己主張が強い人・自己主張をしない人。
○○さんは芯が強いですね
自己主張が強いというのは、それだけ自分の意見や意思、価値観がしっかり確立しているということです。
しかし、同意したくない場合もあると思いますので、
同意せずともほめることのできるこのフレーズはとてもおすすめ!

○○さんは柔軟性がありますね
イレギュラーな要望はできることを増やしたり、成長するチャンスだと考える人もいます。
自己主張しない人は、自分の意見にこだわることなく、他人の意見を柔軟に取り入れて
より良い結果を求めるタイプと言えます。

以上、4パターンのほめポイントを絞ってお伝えしました!!
この中にあるポイントでももっと様々なほめ方がこの本には載っています!

ぜひ読んで、ほめ上手に、世渡り上手に(笑)、なってください(^^)v

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!