夢の国はこうして成り立っていた!〜櫻井恵里子さんの『3日で変わるディズニー流の育て方』〜

こんにちは!
最近ディズニーに行きたい欲が強いつかちゃんマンです!

ディズニーってキャストさんもいつも笑顔で親切で、
ディズニー内の雰囲気もとても楽しくワクワクで溢れていて、夢が詰まっている、本当に「夢の国」のようですよね!

でも、そんな空気感を作るには
「キャストの育成」がとっても大事なんだろうなあと思います。
しかし、キャストさんたちの研修はたったの3日。
どうやって育成しているのでしょうか。
そんな空気作りが、どこの会社でもできたら・・・
絶対日本全体が明るく希望で満ち溢れるんだろうなあと思いました!

と、いうことで
こんな本を見つけて来ました!!

3日で変わるディズニー流の育て方

①準備編
②コミュニケーション編
③チームビルディング編

という3つに分けて紹介されているので、各々2つずつ紹介します!

準備編
①−⑴ マニュアルは暗記させなくていい

多くの企業では、細かくマニュアルを作り、研修中に覚えさせます。
しかし、ディズニーではマニュアルは存在しません。

「安全・礼儀・ショー・効率」という行動基準
「ゲストにハピネスを提供する」という企業理念以外は存在しないのです。

そうすることで、
各人の最良の幅が広がり、モチベーションが上がる
自分で考え行動する必要があるので自主性が高まる
想定外のことへの対処の柔軟性が上がる
というメリットにも繋がります。

 

①−⑵ メンバーが担うべき、本来の「役割」を伝える

OJTというものが企業には存在します。
しかし、それは失敗してしまうことがよくあるようです。
なぜなら、流れ作業的に業務手順ばかり詰め込み、メンバーとして求められる本質的な「役割」を理解させずに済ませてしまうからだと、櫻井さんは考えるようです。

ディズニーのOJTの1つに、「開演時にパートナーズ像の前に15分間立っている」というものがあります。
入場してくるゲストには、カップル、家族連れ、学生グループ、などたくさんの人がいます。
それらすべての人は一人残らず笑顔で入ってくるそうです。

それを見た新人キャストは、「この笑顔に応えたい」と言います。
そこでトレーナーは、「それがあなたの仕事です」と教えるそうです。

百聞は一見にしかず。
お役様の喜びや感動に実際に接し得る体験をした方が、「役割」を実感できるのです。

 

コミュニケーション編
②−⑴頼みごとをする時は、理由も添える

ただ頼むだけでは、「押し付けられている」と感じてしまうことがあります。
そこでディズニーでは、キャストのモチベーションを何よりも大切にしています。
理由を添えることで、本人が納得した上で行動してもらうための手法であり、「自立性の欲求」を満たします。

その上で、できるだけ具体的に目標を定めることで、それを達成したいという「有能さへの欲求」が満たされます。
その目標を仲間の前で発表することで「関係性の欲求」も高まります。

これらをうまく組み合わせることでモチベーション高く働くことができるようになるのです!

 

②−⑵ 感情的になったら、その場を6秒離れる

自分の怒りは相手の怒りを呼び、その場で相手の行動を是正できても、信頼関係にひびが入る可能性があります。
優秀なリーダーは「アンガーマネジメント」がしっかりできているものです。

心理学上、怒りの感情は一気に波が押し寄せますが、それは6秒程度。
その6秒に対処できれば、感情的にならずに物事に対処できるのです。

「怒る」と「叱る」は異なります。
落ち着いてから冷静に原因と解決策を伝えましょう。

 

チームビルディング編
③−⑴ 常に自分自身の幸福感を高める

仕事には人生の大半の時間を捧げます。
仕事の時間が不幸であれば、人生不幸。逆に幸福であれば人生幸福と感じられるのです。

自分自身がいきいきと楽しそうであれば、メンバーにも伝わり、「あの人のように楽しく働きたい」というモデルになります。

それに必要なのは、相対価値(人と自分を比べること)ではなく、絶対価値を見出すこと。
仕事における使命は何か
自分が成し遂げたいことは何か
をもとに仕事の価値を見出すことです。

 

③−⑵ 人材教育では「心を揺さぶる」ことを意識する

メンバーの中には上昇志向が高いけれど、特に裏方などに興味も示さない人もいます。
就業観を変え、それぞれのチームの必要性をわかってもらうには、実際に現場や裏方の作業をしている人と関わる必要があります。

ディズニーの人材育成には「すべての社員に組織の隅々まで研究し、訪問する機会を与える」というものがあります。
働く人々の生の声を聞き、感動することで「仕事はチームワークで成り立っている」ということを心から理解していくのです。

ディズニーの人材育成プログラムは「心を揺さぶること」を基盤に作成されています。
人は記憶したものを忘れてしまう生き物です。
繰り返し体験し、そこに感動を加えることで強く根付かせていく、ということが必要になるのです。

 

以上!
6種類の手法をお届けしました!!

人材育成系の会社の方。
会社のトレーナーの方。
人の上に立つ方。

ぜひ!お役に立ててください╭( ・ㅂ・)و

 

そして!まさにここに、人材育成の会社があります!
次世代人材アカデミー!!

弊社のICT academyでは、

100年後の理想の社会からの逆算で人を育てることを理念とし、
エンジニアの「人間力」と「技術力」を劇的に高めるIT人材研修を行っております。

研修は、IT未経験の方から次世代リーダーの育成まで幅広く対応しています。

ぜひ、ホームページ見てみてください(^^)

ICT academy
https://ict.jisedai-academy.com/

次世代人材アカデミー
https://jisedai-academy.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!