AIに使われる。そして「いま」の状況に負けてしまうことのないように!〜坂口孝則さんの『未来の稼ぎ方 2019-2038』

こんにちは!
まだまだやりたいことが沢山のつかちゃんマンです!

好きな仕事、好きな活動を好きなだけしたい。
そう思う私ですが、最近色々な仕事がロボットに、AIに取られてしまうなど言われていますね( ´・д・)

自分だからこそできること、人間だからこその仕事。
そんなものを多く残していけたら、と願うばかりです。

さあ、今回も会社に行ってみたら本が置いてあったので早速読んでみました!

今回はこれ。
坂口孝則さんの『未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019~2038』

統計・データをもとに、ビジネスパーソンを対象として、起こり得ることから推測した働き方を
年ごとに紹介している本です!

20年全ては載せられないので、その中から5年だけピックアップしました。
是非ご参考に╭( ・ㅂ・)و

 

2019年
来年。もうあと3ヶ月です。
セブンイレブンが沖縄進出。大手3社が日本制覇。

コンビニは店舗数も増え、日本を網羅している。
しかし、現実は限界を迎え、人口が減少しているのに店舗数だけ増やし、売り上げの向上を図っている。
客層は、だんだんと女性・シニアの割合が増しているので、そこに焦点を当てて今後の対策を講じるのが良いだろう。

例えば
24時間営業を強みに、いつでも配達をできると言った配達サービス
多様なお弁当や食材の陳列
カロリーや栄養素の表示
など、様々なことが考えられる。

 

2023年
東京オリンピックも終わり、3年。
農業の6次産業化が進み、スマート農業が本格化する。

生産だけでなく、流通から販売までを網羅した6次産業化が推進されている。
日本は味・品質・透明性の強み、そしてIT化も発展してきている。
これらの強みを生かすことで海外進出を考える必要がある。

海外では近年、農作物の消費量が生産量を上回っている。
これを日本の好機とみなし、日本の良さを活かしていく必要がある。
また、どうしても高齢化が進んでいるため、IT技術を使う必要も出てくる。
そこでデータなどの蓄積がなされていればビジネスモデルになるだろう。

2030年
遠い未来のように感じるが、きっとすぐなのだろう。
女性が指導的立場の半分に。

保育施設などの充実により、より女性が働きやすくなっているはず。
会社員としてだけではなく、企業という生き方をとる女性も増えるだろう。

1986年の男女雇用機会均等法施行から男女の差を無くそうという活動は始まった。
現在でも差はあるが、改善途中である。
出産しても働き続けられるように、保育の拡充などを積極的に行なっている。
しかし、実際には女性には手間がかかる。
保育所に預けるための準備が毎日あり、定期的に保護者会もある。それだけではないはずだ。
そこで、海外では最低限の準備だけを親に任せ、保護者会ではなく連絡帳を活用しているところもある。

また家事についても家事代行に頼ることもできる。
コストとリターンのパラダイムシフトを推進していくべきではないだろうか。

 

2034年
私もアラフォー世代になっていますね・・・
AIが大半の仕事を軽減化、あるいは奪う。

AIは人間以上の能力を持ちうる。
人間に大切となるのは、機会ができない領域を詰めること。
AIと人間を結ぶ仕事や人間を鼓舞する仕事。

AIは
AIスタイリスト
AI店員
AI弁護士
など様々なものになりうる。
持っているデータから的確なものを選び出し提案する、ルールを抽出するなどの展開が考えられる。

しかし人間ならではの感情というものがある。
鼓舞すること・心を揺さぶること・驚かせること・・・
など、これはAIにはできない。


「人間の鼓舞なら、これまでのパターンを分析して、もっとうまくできます」
と発達したAIに言われるだろう。

 

2036年
ラストは今から18年後。
老人人口が3分の1、死者数も最大に。この年に向かって終活ビジネスが絶”頂”となる。

終の住処や死後トラブル軽減のビジネス、未亡人だけでなく未亡ペット対策などが必要に。
生涯未婚率は高くなっている。

突然死を防ぐためのリフォーム
安否確認の「見守りサービス」
死後不動産売却をし、何もないようにするリバースモーゲージ
就活として、エンディングノートに様々な情報を吐露させ、アドバイスをする
ペットへの遺産の準備
ペットの世話役の監視
など、終活ビジネスとしてできることは多々ある。

 

葬儀に関しても多様化しているので、いろいろなビジネスの展開ができるであろう。

 

このような感じで、2019-2038年の起こりうる出来事、そこからのビジネス展開が書かれています。

私は
2034年、2038年のものを読んだ時、ちょと恐ろしくなりました。
懸念していたAIによる仕事の剥奪。
死者数が最大になる。

でも、このような予想があってこそ、今から対策を立てることができるのだと思い、
人間ならではの感情のこもった仕事
自分の祖父母や親のこれからについて
について考えたいと思います!!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!