幸せってなんだろう?〜私は今幸せなのだろうか〜

こんにちは!
人前ではとにかく笑顔で明るく!を基本にしているつかちゃんマンです!

ついこの間、私のトリセツ教えてください!という話題になった時に
「りかちゃんは、いつも笑顔だから分からない、難しい」と言われました(-ω-;)
「笑顔なのはとっても良いことだから、元気もらえるんだけどね!たまには弱いとこ見せても良いんだよ」と。

わかってはいるけど、私が弱いところを見せてプラスになる人はいないじゃないですか。
だから、笑顔でいることで周りに少しでも明るい雰囲気をもたらせたらと思うのもあり、
自分自身が辛くても明るくいれば、元気になれるというのもあり(こっちの方がでかい?笑)
常に笑顔を心がけています(^◇^;)

となると「笑顔=幸せな人
というわけではないですね。
笑顔の裏側に何かあるかもしれない。

というか、そもそも幸せってなんでしょうか?

物が増えて、高い技術がある現代。
昔より、物理的には豊かになったはずなのに、幸せだと思う人の割合は、昔と変わらないようです。

慶應大学大学院の前野教授が因子分析を行なって、
この要因を満たせば幸せになれるという因子を得られたようです。

それは
自己実現と成長の因子
繋がりと感謝の因子
前向きと楽観の因子
独立と自分らしさの因子

だそうです。

・目標を持ち、それを実現するための自分の強みが分かっている・強みを生かすために学習しようとしている人は幸せであること
・人に感謝をして、人のために何かをしたい・誰かを喜ばせたいという気持ちが強く、多くの交流がある人は幸せであること
・幸せには前向きさや楽観性が必要であること
・周りの目を気にせず、自分らしく生きることが幸せに繋がること
を示しています!

これが幸せを作り出すものだとすると、
私は4つ目、独立と自分らしさの因子が多くの人に欠けているのだと思いました。

会社でも学校でも、先輩に嫌われないように、叱られないように、と行動している人が多い
自分の好きなことだけじゃやっていけないという考えが浸透している
こんな風に感じます。

実際、同期と就活の話をしていて
私が、「私のやりたいことはこれ。目標がこうだから、それにそぐわない会社には入りたくない。
それを応援してくれない社長の下にはいたくない」
と言ったら「そんな社会は上手くできていないよ」
と言われました。

でも、私は違うのではないかと思います。
本当にしたいことがあるなら、目標があるなら、自分で死に物狂いででも道を切り開いて、そこに近づける場所を自ら作ればいいのではないかと思うのです。

社会が上手くできていない。
それはそうだと思います。
犠牲になってしまう人がいるのも確かだと思います。

でも、その中でもやりたいことをして、幸せを掴みたいのなら、
自分で自分の周りの社会を変えていけば良いのです。

私は、難病を抱えていて、好きなことを好きな時にできないという苦しみに常に直面しています。
でも、それでも幸せだと思っています。

それは、やりたいことがあって、やりたいことをさせていただける場所、それを応援してくれる人たちを見つけ出せたから。

私と同じように、
いや、それ以上に、
こう言える人が日本に、世界中にたくさん出てきますように。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!