皆さんは気にしていますか?本当に怖い、マーガリンのお話。

こんにちは!ちょにです。

お金があれば、食べたいときに食べたいものがすぐに手に入る世の中。
小腹がすいたら、コンビニやスーパーで菓子パンやスイーツを食べる方多いですよね。

それらを手にするときに原材料名を気にしてみていますか?

 

コンビニ、スーパーで売られているパンやスイーツのほとんどに使われているものが、バターではなく、マーガリン
バターとマーガリンの違いやリスクについて、皆さんは知っていますか?

 

そもそも、バターとマーガリンの違いって何?

バターは原料の80%以上が動物性脂肪(牛乳)で作られています。
マーガリンは80%が植物性脂肪(サラダ油、ごま油等)で作られています。

簡単に言うと、バターは乳脂肪マーガリンは油脂。ということです。

 

 

バターとマーガリンの特徴

・バターは風味やコクがあるので、お菓子作りや料理には欠かせません。
無塩バター、発酵バターも販売されている。
乳脂肪のため冷やすと固くなる。酸化しやすい。

マーガリンはあっさりとしていて、油脂のため冷やしても滑らかなので、サンドイッチなどで使用するのに適しています。
カロリーハーフや、ケーキ用無塩タイプ、チョコレート、ガーリック風味などのバリエーションもある。
バターよりも安価で売られている。

ここで、少し疑問に思った方もいると思いますが、なぜマーガリンは油脂で出来ているのに、液体のままではなく固形になっているのか。

その理由は、原材料にありました!

メーカーによって原材料は多少変わってくると思いますがほとんどが同じような内容です。
あるマーガリンの原材料を見てみましょう。(原材料名は商品に多く含まれている順に記載されています。)

食用精製加工油脂、食用植物油脂、食塩、粉乳、乳化剤、香料、着色料(カロテン)、(原材料の一部に大豆を含む)

一番多く含まれている、食用精製加工油脂って何?
簡単に言うと、食用植物油脂を固めるために使用される油です。

食用精製加工油脂の中には、トランス脂肪酸が含まれています。

 

トランス脂肪酸摂取によるリスク

虚血性心疾患(冠動脈の閉塞・狭心症・心筋梗塞)の発症と認知機能の低下。心臓病のリスクも増える。
冠動脈性心疾患につながるLDL(悪玉)コレステロールを増やし、HDL(善玉)コレステロールを減らす。

その他にも人体にさまざまな影響を及ぼします。
マーガリンだけではなく、ショートニングやファストブレッド、ポーションミルクにもトランス脂肪酸は含まれています。

 

もちろん、バターにも心配されるところはあります。
食べ過ぎは、コレステロール値の上昇により肥満になりやすくなったり、動脈硬化などにもつながります。

 

そもそも、なぜ牛乳やチーズは品薄にならないのに、バターはよく品薄になるの?

生乳の加工には優先順位があります。1番は牛乳、2番目に生クリームとチーズ、保存の利くバターは後回しになってしまいます。
なので、生乳の生産量が少なければ、最初に打撃を受けるのはバターなのです。

 

 

 

どちらも摂りすぎは良くないということですね…。
高校の時休み時間のたびに、コンビニにメロンパン買いに行ってたな(笑)

意外に、スーパーの中のパン屋さんでもマーガリンやショートニングを使用しているところあるんですよ!
この記事を読んで気になった方、コンビニやスーパーに行った際に、菓子パンの原材料名をチェックしてみてくださいね!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!