2022年、成年年齢が20歳から18歳に引き下がります!法律はどう変わるの?引き下げによるメリット、デメリットは?

こんにちは!塚ちゃんマン&ちょにです!

意外にも2人でブログ書くのは今回が初めて!ふぎょぎょ!!

気になる今回のテーマは、成年年齢の引き下げによる法律の変更です!

 

 

 

見た目は大人!でも精神年齢は(ry

塚ちゃんマン「精神年齢関係ないからね。実年齢だからね。」

ちょに「え、そうなの?」

 

 

すみません(笑)話は戻りますが

2022年4月1日から、日本の成年年齢が20歳から18歳に引き下がります。
だからと言って、18歳、19歳の人に成人と同じ法律が全て適用されるかというとそうではないんです。

 

しかし!未成年者に関連する規定がある法律は、200以上あるようで、とても全部は書いていられないので、重要そうなことだけまとめました!

また、成年年齢の引き下げによるメリット、デメリットについても書いていきます。

 

 

成年年齢引き下げにより18歳、19歳にも適応される法律、適応されない法律

 

 

  • 結婚をするのに親の同意が不要になる。

結婚ができる年齢が現在は、男性が18歳、女性が16歳のところを、成年年齢の引き下げに合わせ、男女ともに18歳に統一されることになりました。
つまり成年にならなければ結婚できなくなるため「未成年者の結婚」がなくなります。なので結婚をするのに親の同意が不要となります。

 

  • クレジットカードやローンなど様々な契約を自由に結ぶことができるようになる。

未成年者が法定代理人(親)の同意を得ずに契約を結んでしまった場合、契約を取消すことができます。
つまり改正後は、自らの意志だけで契約を自由に結ぶことができる一方、契約を取り消すことはできなくなります。

このことで起こりうる問題については、メリットとデメリットのまとめでご紹介します。

 

  • 10年パスポートの取得が可能になる

現在は、20歳未満は5年パスポートしか取得できなかったが、改正後は18歳から10年パスポートの取得ができるようになる。

 

  • 飲酒、喫煙・公営ギャンブル(競輪・競馬など)はできない

こちらは成年年齢引き下げ後も、20歳からとなります。

 

  • 養子をとることはできない

養子をとることができる年齢も変わらずに20歳からとなります。

 

 

 

成年年齢引き下げによる、メリットとデメリット

 

 

メリットは、金銭的な自由度が上がります。
ローンを自由に組めることにより、起業を考えている若者にとっては資金調達しやすい環境になります。

しかし!裏を返すと

親の同意なくクレジットカードやローンなど様々な契約を自由に結ぶことができる一方、契約を取り消すことはできなくなります。
そうなると、悪徳商法による被害が増えてくるというデメリットが!
大学生や18歳の高校生が、親に内緒で、高額なものを売りつけられたり、高額なローン契約をしてしまう被害が増えそうですね。

 

 

年金の支払い義務や、少年法、2022年の成人式についてはまだ決まっておらず、今後はそこにも注目したいですね!

 

2022年なんてまだまだ先だと思っていませんか?本当あっという間ですよ~!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!