リベラルアーツが学べる教養塾の第1回目が開催されました!ちょにさんも飛び入り参加してきたぞっ!

こんにちは!アレクサとかGoogle Homeって便利だけど盗聴されるんじゃないかって少し怯えている、ちょにです。

 

8月9日のブログで紹介した、リベラルアーツが学べる教養塾の第1回目が8月17日に開催されました!(対象、大学生~社会人1,2年目)

リベラルアーツとは、簡単に言いますと、『様々な知に触れることで、汎用的な思考力を養う』ということです。

3ヶ月ごとにメインテーマが変わり、毎回違ったサブテーマを班ごとにディスカッションします。

8月~10月までのメインテーマは『AI時代を生きる
今回のサブテーマは『AI時代って何?』

あまり、興味を持たなかったことに目を向けてみたり、自分とは違ったタイプの方と話し合うことで、視野が広がり選択肢が増える、成長する。
そんな狙いもあります。

今回は、13名が参加いたしました!

 

司会を務めてくれたのは、弊社で行った新人研修にも来ていた、澤田君です!

普段は、自分の興味のあるコミュニティでしか共有してこなかった(できなかった)ことを、違った活動をしてる人たちを集めて、みんなで共有できるコミュニティを作りたい。
なので、学生や社会人、そうでない方いろいろな方に集まっていただきました。

と、語っていました!

みんな真剣👀

 

櫻井さんの自己紹介も始まりました!

「教養塾って言ってますけど、私自身、教養はないです!」

ここで、みんなクスクス(笑)

小6からパソコンをやっていて、ITの世界しか知らなかったので大学卒業後、システムエンジニアしか職種選択がなく、その時に自分の知ってることってすごく狭いなって思いました。その後ITからの流れですが、コンサル系や教育系も経験してきました。
30代後半から40代前半になるといろんな経営者が歴史を学びだして自然の法則や歴史の循環から学びを得て、自分の経営や人生に活かそうとする。
なので教養ってすごく重要だと思っていて、自分が20代の時にいろんなことを知っていたらよかったな。と今感じていて、この教養塾を開いてみようと思いました。

 

とまじめなお話に・・・

 

まず、資料や動画を見て、今どのようなAIが社会に導入され活躍しているのかなどを学んでいきます。

AIやロボット化することで便利になる一方、仕事が減るなど心配なことも・・・

そんなAI時代に、どのようなことを身につけて、どのように生きるのか。

各班1枚配られた大きな紙にディスカッションしたことを書き出していきます。

 

各班、序盤から盛り上がっていました!

因みにあたしの班は、コンビニの自動レジ化が進むことにより、防犯面が心配されるので合気道ならって護身術を身につけよう(笑)って話になったり
商品が低コストで大量生産できることにより、逆に人の手で作られたものが貴重になり流行ったりプレミア化するんじゃないか。という話にも。

 

班に1人だけ残り、他の人は違う班に行き、その班のディスカッション内容を聞きに行きます。

ちなみにちょには、みんながパーを出す中1人グーを出して負けました(笑)
必死に説明しています(笑)汗が止まらなかった・・・

 

そして元の班に戻り、みんなが他の班で聞いてきたことを交えながらまた深くディスカッション。意見をまとめる必要はありません。

時代の流れに身を任せる人になりますか?
時代の流れを作り出す人になりますか?

このことも議題に含めて再度話し合うことに。

ちなみにちょには、身を任せる派です。

 

そして、最終的に自分が思ったこと(考え)を付箋に書き貼ります。

 

最後に集合写真📷

 

次回は、9月21日(金)に開催いたします(^▽^)
次回のサブテーマは『AI時代を生き抜く人間力とは?』です。

時間は19:00~21:00 会費は1回につき500円です。

参加を希望される方は、下記までお問い合わせください。
contact@jisedai-academy.com

Facebookページからもお問い合わせ可能です。
次世代人材アカデミーFacebookページ

 

教養塾の詳しい情報はこちら
毎月第3金曜日だよ!(次世代人材アカデミーに、若者は)全員集合!!〜リベラルアーツが学べる『教養塾』開きます〜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!