本当は教えたくない!歌が今より上手くなる、すぐ実践できる簡単なテクニックを教えます!

こんにちは!
中学生の時に演劇発表会で声が通らな過ぎて先輩を差し置いて数少ないピンマイクをゲットしたちょにです!

 

 

カラオケは好きだけど、あまり歌声に自信が無い。もっと上手かったらきっと、もっと清々しい気分になれるんだろうな…って一度や二度は思ったことがある方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか!?

 

そこでちょには考えたのです!
あ!あたし昔ボイストレーニングに通ってたじゃん!

そうだった!自分もあまり歌が上手じゃないから通ってたんだった(笑)
そこで学んだ、きっとすぐに実践できる簡単なテクニックをお教えいたします!
文章にするのはなかなか難しいですが頑張ります!笑

※これ、本当は教えたくないんですが(笑)

あ!もちろん音程が酷く外れているとか、高音がめっちゃ裏返る人は発声で整えてから実践してみてくださいね!

 

歌が上手に聞こえるテクニック

 

  • とにかく発音を良く!

これは基本中の基本ですが、発音はあまり意識して歌う方少ないのではないでしょうか?

例えば、「か」行は癖をつけて歌うと良いです。
「か」の発音は、勢い良く「くぁ」と発声すると上手く聞こえます。
そんな感じで、「か」行は少し癖を意識して歌ってみてください!

 

そして、「さ」行
最初は、と息を吐くようにして溜めて発音する。
分かりやすく言うと、「し」以外は「スーー」という吐息から始める。
「スーーさ」、「シー—し」、「スーーす」、「スーーせ」、「スーーそ」
このとき、「スーー」ばかりに気を取られないように!目的は「スーー」の後の1文字ですので。あくまで自然体で。

 

「た」行は発音するときに舌が上に触れますよね?そのまま勢いよく舌を前に持っていき発音するとそれっぽく聞こえます(笑)

 

  • エッヂを効かせる

頭の歌詞が「あ」から始まるとき。例えば『あなたに会えて本当によかった』など。
「あ゛」と濁点を付けて歌いだしみてください。かっこよくなります(笑)

いろんなアーティストの歌を聞いてみてください。結構エッヂ効かせている方います(笑)

 

  • ハスキーボイスと普通の歌声を使い分ける。

普通の発声練習で、声を整えた後に、「あー」と持続的に声を出す。
このときに、普通の発声と、かすれさせる発声を繋げて行う。これを繰り返す。
分かりずらい方は、ハスキーボイスの上手なアーティストの歌を聴いて歌い方をマネしてみてください!
(個人的におすすめのアーティストは、佐藤千亜妃、YUI,、Aimer)

切ない曲やバラードで使うとグッと来ると思います。

 

  • ワンフレーズの終わりにブレスを入れる。

分かりやすく、歌詞を発声通りに書きます。
例えば、『あなたに会えて本当に良かったー、どんな時も笑い合える』だとすると
息継ぎが、『良かったー』と『どんな時も』の間になります。
『良かったー』の後に口で思い切り空気を吸って息継ぎしてください。すると上手に聞こえます!

これも、いろいろなアーティストがしていることなので聴いてみてください!

 

他にもいろいろテクニックはありますが、あまり意識しすぎて歌うと、歌に振り回されて歌に着いて行けなくなるので、自然体で楽しむことを意識しつつ今回のテクニックを活用してみてくださいね(^^)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!