社長にオススメされた本を読んでみたら、今の自分にとても必要な内容だった。〜『チーズはどこへ消えた?』〜

こんにちは!
「何かが変わる」ことは怖いかもしれないけれど、
受け入れて楽しんでいきたいと思うつかちゃんマンです!

この前出社したら、デスクの上にポツンと本が置かれていました。
よくよく見ると、付箋がついている・・・

ん??

常田さん 塚野さん 長尾さん 読んでみてください

なるほど。社長が読めと言っているのか。
仕方ない、たくさん読みたい本があるけれど、一旦これを読もうではないか。
(素直なつかちゃんマンなので、すぐに読みにかかる╭( ・ㅂ・)و)

ネズミがチーズを求めている話・・・?

チーズがなくなってあたふたしている話・・・?

なんて思っていたら、
変化にどう対応するのか
変化を受け入れられる人が人生を変えられる

という私たちの生活に関係する、とても心にしみる本でした。

何か変化が起きた時に、あたふたし、そこにこだわり続けて変われないことで
自分もダメにしていってしまう。

反対に、変化に対して柔軟になり、自分も変わることでどんどん前に進んでいける人もいる。

さて、私たちはどっちの人間になるのでしょうか。

 

私は絶対後者になりたい。

最近、色々と上手くいかなかったりして、「病気持ち」という前の自分との違いに苦しみました。
「目標」「やりたいこと」がたくさんあるので、症状が出て何もできない時があると
「あの時みたいにはガツガツできないんだ」と本当に悔しく、悲しい。

でも、そんな自分だからこそ出来ることもあるだろうし、
病気によって学べたことや、変われたこと、出会えた人・・・
たくさんプラスになったことがあります。

いつまでも過去の自分と今の自分を比較して、ぐずぐずしていたらもったいない。
今の自分を受け入れて、前を向いて、今できることをやっていくしかない。

この本でも、今までエサの場としていた場所からチーズがなくなっていた時
その場所に固執せず、行動できたネズミは
新たな場所でたくさんのチーズに出会え、幸せを手に入れていました。

何をしていたって、どこにいたって、変化は必ず起き得るものです。

「変化をしっかり受け入れて、楽しみ、対応できる人こそが成長し、幸せを掴める」
そう思いました。

変わらない・変われないことで自分を破滅させてしまうのはもうやめましょう!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!