備えあれば憂いなし。〜広島県の西日本豪雨を経て〜

こんにちは!
雷と豪雨で夜怖い思いをしたつかちゃんマンです!

なんて、か弱さを出そうと思ったのですが、実際は怖がるわんこをなだめて
すぐ眠りに落ちたつかちゃんマンです(・・;)

最近、日本では悲しい出来事がありましたね。。

広島県での災害。

島国である日本では、年に一回くらいはこのような悲しい被害があるような気がします。

まだ皆さんが生まれていない頃の関東大震災。
私は生まれていない頃の阪神淡路大震災。
中学3年生の頃の東日本大震災。
2016年の熊本地震。
2016年台風被害。(岩手・沖縄など)
九州大雨被害。

そして今回の広島県における西日本豪雨。

有名なものだけでこんなにあります。
いつかの記事に書いたように、本当に異常気象が起き続けていると
そのうちまずい状況になるのではないかと。。
大阪でクルージングをしていたら恋人が凍る未来が見えた件

一人一人が意識を持ち、何か1つでもできることを続けていく。
「誰かがやるだろう」ではなく、「自分もやろう」で過ごす。

これは大事なことだと思います。

しかし、どんなに願っても震災は起こるものだとすると、
その際にどういう対処をするか、を考えておく必要があるのではないかと
最近思うようになりました。

家族とはどう連絡をとるか、落ち合うか

ペットは?

通勤、通学先で起きたら?

自分の区域の避難場所は?

避難用のグッズは?

などなど。
事前に考えておくべきことはたくさんあります。

私の家には、可愛いペットたちがいます。
その子たちが居なくなったらとても辛い。
そして祖父母も一緒に住んでいます。
その祖父母が逃げ遅れたら本当にやりきれない。

そう思った時、
事前に対応を考えておくことは本当に大事だなと思いました。

どうにもならない状況を少しでもなくす。
事前策を考えたことで、もしかしたら助かるかもしれないという希望を持って。

具体的な防災グッズは
・水
・非常食
・衣類
・懐中電灯
・携帯ラジオ
・ウェットティッシュ
・保険証
・携帯用バッテリー
痛み止めや胃腸薬などの医薬品
持病に必要な物

太字のものは忘れやすいので要注意!
しっかり事前にカバンなどを用意しておくのが良いかもしれませんね!

また家族で話し合うのは
・どこの避難所に行くのか
・連絡方法
・自宅の安全性
悲しいけど、(・亡くなった時の対処法)

これらが挙げられます。

みんなで対策しっかりしていきましょう!

 

そして。
今回、広島県で被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
少しでも早く、状況が改善されること、復興できることを祈っております。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!