懐かしいドラマ『リッチマン・プアウーマン』を観てみた!〜新しい視点を持って観るとまた違う感じ方をする〜

こんにちは!
これから先、どう生きていくかを最近よく考えるつかちゃんマンです。

思えば病気をしてから、たくさんの出会いがあり、色々な仕事とも出会い、
幸せなことに今は様々な活動をさせていただけています。

本当に幸せで、このまま自由に、多くのことをして生きていきたいと思っています。

しかし、社会人になってからはこれまでのように色んなことを、
同じように時間を割いて同じようにやっていくのは現実的には難しい。
優先順位をつけて、どれかの割合を減らすべき時だって出てくるでしょう( ¯ ¨̯ ¯̥̥ )

だから最近は、何をしたいのか今まで以上に考えるようになりました。

そんな時、ちょうど体調を崩す日も多く、寝ているだけだったので懐かしいドラマのDVDを借りてもらって観る機会が!!

それはあのかっこいい小栗旬と、可愛い石原さとみが出ている『リッチマン・プアウーマン』

このドラマでは、名声とかそんなものは関係なく、
仕事を通して社会を豊かにしようと、新しいものを作っていこうとする社長の、社員の姿が描かれています。
「今ここにない未来は俺たちが創る!」という言葉。
そのまっすぐな姿がよく分かります。

引用元:https://goo.gl/images/cKV1MN

新しいことをするには、周りからの非難はもちろんある。
でも、そんなものには負けずに前を向いて、どんなに叩かれても立ち向かい、自分を信じて
突っ走る。

そんな「強い」人間が描かれているのです。

そりゃ、人間だから落ち込む時だってある。
ここに描かれる社長だって何度も挫けかけていた。
しかし、結局は前を向いて、芯を持って生きていた。

こんな本当の意味で「強い」人間になりたいと思いました。

たくさんたくさん悩んだって良い。
悲しむことだってあって良い。
泣いたって良い。
でも、ちゃんと自分の足で立って、進んでいけるような人になりたい。

そう思いました。

まだまだ「ケツが青い」私。
本当の意味では全然強くない。

「支持された仕事のその先まで出来て完璧と言うんだ」
ドラマにあったこの言葉。身にしみる私は本当にまだまだです。

「社会を変えたい」
なんて言えるような人間にはまだまだほど遠い。

だから、今やっている活動を通して、もっと成長し、「大きな」「強い」人間になりたい。

そんな私の1つの活動を皆さんに知っていただきたい!

社会を変えるには、まず人を変えなければいけない。
人を変えるにはどうしたら良いか。
それはまず、「人間」が形成されるであろう「教育」を変えることであると思っています。

ということで、教育をより良いものにするために私はこんな活動をしています!

「学校では学べない子供の学びが好きになる方法」

これまで学校教育を通じて学ぶモノをたくさん与えられてきました
しかし「学び方」を教わったことがある人がいるでしょうか?

『学ぶ力は生きる力』

子どもは未来の財産です!
そんな生き生きと学ぶ子ども達を創りたい
そんな子どもたちを育てることのできる先生を創りたい
未来の学校の先生に少しでも役に立ちたい!

この思いから、「学び方」について広めていこうという活動をしています。

・ものごとを分かりやすく理解する方法
・どうしたらわかりやすく人に何かを伝える方法
・社会で活躍する子どもを創るための、大学では学べない指導法
といった誰でも楽しく学べる方法をレクチャーしています!

<講師プロフィール>

及川 政孝(OIKAWA MASATAKA)
栃木県 生まれ

大学進学のため上京、18歳で固定給なし完全歩合の営業をスタートし21歳で起業。

その後、経営コンサルティング会社に参画、企業によって社会を変革するという経営者のコミュニティーを作るため2011年~2017年の間で延べ全国の2万人以上の経営者と出会う。

その後、「教育」こそが社会課題解決の根本であるという考えに至る。人の理解力や本当に使える学習法を学ぶため様々な学習法を学ぶ、そこで何かを学ぶ中で人の理解を助ける技術Study Technologyを学ぶ中で自身もIQが20UPする。

この技術を企業や個人そして学生に提供する中で学力や業績が飛躍的に向上した経験からこの技術を幼少期から知ることの必要性を感じ「学ぶ力は生きる力」というテーマのもとこの技術を企業、先生、親、そして子供たちに広く提供している。

この活動もまだまだ始まったばかり。
自分の活動にもっと自信が持てるよう、小栗旬のようになれるように、
もっともっと努力します!!

 

そして、興味のある方は是非!!ご参加下さい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!