サポートの必要性。サポートメンバーに求められること。

こんにちは!
最近どうすればもっと良い人材になれるのか、色々な面で成長したいと思っているつかちゃんマンです!

つかちゃんマン、実は自分がトレーニングしているだけではなく、
とある選手強化チームにマネージャーとして参加させていただいています!

今までは、本当にタイム読みや声出しをしているだけ、の部活などでよく見るマネージャーでした。

 

しかし、この先選手がもっと上を目指し、目標を達成するためにどうすれば良いのか。どうすべきなのか。

選手個々人のすべきこと、したいこと、コーチやマネージャーなど、サポートスタッフに求めること…などを話し合うミーティングを行いました。

そのミーティングを経て私がより感じたことは、

サポートするなら、サポートスタッフとしてここに居続けたいのであればもっともっと成長すること。
選手と同じ気持ちになり、同じ志を持ち、むしろ先導していくくらいの心持ちでやっていかなければいけない

ということでした。

自分が選手として活動する時よりも、より頭を働かせ、より周りを見て、自分ではない人たちの気持ちも汲み取り、どう動くべきか、何て声を掛けるか。

それらを全部こなし、選手が成長できる環境を作っていくことが、マネージャーに求められる能力です。

これは、スポーツ関係だけではないはずです。会社にしろ、何であれ、サポートをする役目には必要な能力です。

新人を育てる役割を担ったのなら、同じように新人の性格などを見極め、気持ちを汲み取りながらやるべきことを指示し、時には厳しく指導しながらもしっかりフォローをする。なんて声を掛ければこの人はやる気を出すのか、成長できるのか、、を見る。

選手マネージャーに求められることと、まったく同じことだと思います。

「大変だけど…」
「求められるものが高すぎるかもしれないけれど…」

そんな言葉を吹き飛ばすくらい、そんな言葉掛けを貰わないようになれるように。
不器用だけど、不器用さを感じさせないくらい!

つかちゃんマンは頑張ります!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!