元気なお母さんへの親孝行は遊び!?

こんにちは!
冬頃から、殆ど家には寝に帰るだけ…のような生活を送っているつかちゃんマンです。

就活にバイト、チーム練習、部活、時々遊び。

元々体調不良以外で家でゴロゴロしているのは苦手な私は、就活が入って、より凄まじいスケジュールを立て、着々とこなす日々を送っております。

そのため、1日の中で時間を区切って何人もの人に会いに行ったり、部活行ってからチーム練習に行ったり。
今までだと考えられませんでしたが、1/1から1/5まではほぼ家にいないような状態で今年がスタートしておりました。笑

そんなわけで、自宅にはほぼいないので親ともあまり話せず、会えず、、
どこかへ一緒に出掛けるなんてもってのほか・・・の状態です。

流石にそれも母に申し訳なく、今年度は単位を取り終えているので、たまには一緒に出かけて、少しは親孝行をしようかなと。

と、いうことで先日母のために午後まるまる空けておきました。

もう50になる母。
普通なら少し買い物とか、どこかは美味しいものを食べに行くとか、そのくらいなはずなのですが…

元気な私の母がなんて言ったかというと

「ボーリングやりに行こう!!」

でした。

!!!?

いや、良いのですが、まさかまさかの一言でした。
元気だなぁ。この母にこの子か。納得。

なんて、自分のことながらそんな風に思ってしまいました笑

というわけで、私がずっとやりたかったボルダリングについてきてもらい(ありがとうお母さん)

それからボーリング。
もう私は腕に余力がないけれど、母の楽しそうな姿を見て嬉しくなり、ボーリングも頑張りました( ˙-˙ )

最後の方は、母も腕が疲れたのか、球を落とすハプニング。

それもまた、楽しきかな、ということで2人でたくさん笑ってボーリングは終了。

次の日は、(もう夜からでしたが)言うまでもなく筋肉痛。
腕が上がらない上がらない。

けれど、久々にすごい笑っていて、楽しそうにしている母を見ることができ、そして久々にたくさん話せたので満足です。

これからも時々、親孝行という名の遊びに行こうと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!