新人研修生の疑問に答えます!Part1~何故、魔法は使えないの?~

皆様、こんにちは!
小学校2年生の時の七夕の願い事が、『春麗(チュンリー)になれますように!』だったちょにです!
(チュンリーって誰やねん(笑)って思った方はググってください笑)

さて!前記事でもお伝えしましたが、1日1つ(土日を除く)、研修生の疑問に答えていきます!

本日は初日です!

今回の疑問はこちら!

 

 

 

  • 何故魔法は使えないの?

知恵袋さん流石です!同じ疑問を持ってる方って沢山いらっしゃいますよね。

人間は何故、魔法が使えないのですか?

ベストアンサーも素敵ですが、こちらの回答に、グッときました。

江戸時代の武士が現代にタイムスリップしたら、まさに魔法の世界でしょう。

何もかもが魔法です。時間を飛ばすと魔法になります。
しかし一秒一秒の積み重ねの世界にいると、その魔法が見えません。
しかし間違いなく言える事は、その一秒一秒が、魔法を作り出しているネタ作りなのです。
貴方はそのネタを見ているから、魔法とは思えないだけです。

あたしの見解ですが
魔法ができたら、いろいろと矛盾も出てくるんじゃないかなー。

例えば、凄く馬鹿な考え方かもしれないですが、魔法が絶対願いを叶えてくれるものだとしたら
Aさんが、「私を世界一強くしてくれ!」と、魔法をかけるとします。
次に、Bさんが、「私を世界一強くしてくれ」と、魔法をかけたら、AさんとBさんどっちが世界一なんでしょうか?
同じ強さだとしても世界一ではなくなるので矛盾しますよね😩

ベストアンサーでもあったように、火を起こすのも材料と条件がそろっていればできる魔法みたいなものですよね!
それをあたしたちは当たり前と思ってしまっているから魔法と思えない。
江戸時代の人が現代にタイムスリップしてコンロのスイッチひと押しで火が付くのを見たら魔法って絶対思うじゃないですか!そういうことなんですかね!

もし、一度だけ魔法が使えるとしたら…

塚ちゃんマン「ナイスボディにしてもらう!」
あいあい「どこでもドア!」
櫻井さん「魔法を無限にしてもらう(笑)」

因みにあたしは『魔法使いになる!』です(笑)

それではまた明日!

次回の疑問はこちら↓↓
何故、1から数字を数えるときは7のことを「しち」って言うのに、10から数えるときは「なな」と言うの?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!