トライアスロンの練習メニュー改善の為に水球の練習を見てきた!?

こんにちは!最近、何をやるにも視野を広げることが必要だと常に感じているつかちゃんマンです!

そう。何もやるにも、偏った考え方をしてしまうと伸びが途中で止まってしまうことがあるんです。

でも、言い換えれば、視野を広げることで伸ばせることがたくさんあります!!!

例えば、今回のタイトルにある、トライアスロン。

トライアスロンの練習といえば、トライアスロンをやっている方に聞く。
「トライアスロン」の練習が必要。基本的に、誰もがそう思い、そうしていると思います。
今までの私もそうでした。
水球の練習を見に行こうなんて考えたこともなく、4年間を過ごしていました。

しかし、よくよく先輩方のお話を聞いてみると、水球をやっていた人はトライアスロンのスイムも強いとのこと。
ちょっと視野を広げてみるとそれもそのはず。

水球の選手はヘッドアップスイムが上手い。
トライアスロンの大会では、ヘッドアップスイムは必須です。
ということは、ヘッドアップスイムで速く泳ぎ続けられる水球の選手は強いと考えられますよね!

と、いうことで。

今までトライアスロントライアスロン!ってなっていた頭を柔らかくして、とある水球部の練習を見に行ってみました!!

そしたらなんとなんと、やはりスイム練習に活かせる多くのヒントが!

まず、ヘッドアップスイムの最初の爆発力。途中でぶつかり合って止まってしまった後、そこからどう瞬発的に動けるか。
これはトライアスロン界でも本当に大事なことだと思います。

それから、ぶつかり合いの時のテクニック。
どうやって相手の邪魔をするか、そして邪魔される時の交わし方。
トライアスロンでは、どうしても最初はバトルになります。
引っ張られたり、ぶつかられたり…なんていうことは当たり前。
そこでどう相手を前に行かせないか、どう自分が前に行くかのテクニックは必要になってきます。

などなど…水球の練習でトライアスロンに必要なものが見えてくる。

1つのことに執着してしまうのではなく、視野を広げることで、新たな発見や、改めて実感出来ることがある・・・
ということに改めて気付くことが出来ました。

もちろん、トライアスロンだけではないはずです。

スポーツだけではなく、勉強にせよ、考え方や行動に関しても視野を広げて、他の世界を見てみることで何か関連付くことがあるかもしれません。


「色々な方面から物事を見てみる。」

とても大切なことだと思います。

ぜひぜひ、今一度、自分の世界を広げてみてください!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!