悲しみを抱えた私は、綺麗な海を求め一人沖縄へ旅立った。~1日目~

皆様、こんにちは。ちょにです。

突然ですが、皆さんは、現実逃避したいとき、どうされますか?

お酒を飲まれますか?

パーっとお買い物しますか?

それとも、耐えますか?

私は、お酒を飲んだのち、カラオケで暴れます(笑)

だけど、結局、答えは見つかるはずもなく。

いっそ遠くへ行ってしまいたい。

穏やかな場所で過ごせば、心も落ち着いて、何か見えてくるんじゃないかな。

そんな2月前半のある日、お家でまったりしながらSNSを見ていました。
すると、ある投稿に目が止まった。

石垣島の海だ。

とても綺麗で、気候も暖かく
連日寒い関東にいたあたしは

あたしも行きたいな…暖かい場所でボーっと綺麗な海を眺めて何も考えずに過ごしたい。

そう思ってしまうと、沖縄に行きたくて行きたくてたまらなくなった。
そして、金曜の夕方~月曜まで休みを取って、石垣島は航空券が高かったので那覇に行くことにした。

家族には出発の前日に、リフレッシュ休暇をいただきまーす!と軽い感じで告げた。我が娘が一人で沖縄に行くことに驚きと心配(思い詰めているんじゃないかと)を隠せないようだった。
結構一人で出かけることあるんだけどな…

午前中は出勤をして、ブログを書き終え夕方ごろ早めの退社をした。
因みに、そのブログがこちら。
共通点はあたしだけの飲み会!?ちょに会開いてみました!~お見合い経験談に一同騒然~

3時間近くのフライト、ほぼ寝ていた…途中何度か起きて、はぁ…あたし何してるんだろう…
こんなに気分の下がる旅行を経験するなんて…しかも沖縄という本来ならめちゃくちゃテンションの上がる場所のはずなのに…

そんなこんなで20:30頃、那覇空港に着き、お腹空いた…何食べようかな。なんて考えながら
ゆいレールでゲストハウスの最寄り駅まで乗り、宿までの道中ご飯屋さんを探していたけど駅から結構近く、すぐに到着してしまった。荷物を置いてからゆっくり食べよう。

チェックインを終え、気さくなヘルパーさんが施設案内をしてくださいました。
今回泊まるのは相部屋。部屋は男女別々です。居間は共有スペースで、掘りごたつが真ん中にあり窓はなく外から丸見えですがそれがまたいい感じでした。

部屋に荷物を置くと、ヘルパーさんが声をかけてくれました。

ヘル「ご飯まだですか?」

ちょに「これからどこかで食べようと思ってて、ここら辺でオススメのお店ってありますか?」

ヘル「ここで適当にご飯出してまして本来は700円で食べれるんですけど結構料理出きっちゃってるから300円で食べれますよ?」

ちょに「え!本当ですか⁉じゃあぜひ!」

貧乏旅行だったのでそれは助かる!そう思い居間へ行きました。
あたし以外男性じゃん…どうしよう…と思ったけど皆さん気さくな方ですぐに打ち解けられた。
地元の方でもご飯や一杯飲むのに利用でき、なんなら差し入れを持ってきてくださる方もいらっしゃいました。

結構一人で来てる方や関東から来てる方が多く、東京付近でここのゲストハウスのオフ会をやっているようで次回誘っていただくことに…(笑)

こんな夜も楽しいな。と思いながらいろんな話をしていると
一人のおじさんが、水餃子のおいしいお店があるから紹介する。と言い、私と隣にいた男性(T君)と3人で行くことになった。

今日の分は終了しました。

店前に張り紙がしてあった。残念…
しかし、おじさんの顔パスで一人前なら提供できるとのこと!

ここの店主は女性に甘いらしくあたしがカウンターから見える場所に座らせられました(笑)

とりあえず乾杯🍻

出てきた!え!これで一人前!?多い!皮が厚くモチモチ😋

いい感じに酔ってきたあたしは、おじさんのスピリチュアル的な話を聞きながら(おじさんは心理カウンセラー兼マッサージ師)次の料理を待つことに。(このとき何を話したのかはよく覚えていないが、コーヒーが腰痛の原因になると聞かされとてもびっくりした記憶がある。)

確か…これはイカ団子だったような…(笑)
店主も混ざり、店主が海外旅行に行った時の話を聞きました。
実はこのお店、きたなトランに取り上げられペレマークが!!!

そして、おじさんとはお別れし、T君と2件目へ行きました。
そこでは海ブドウをつまみに一杯飲んだ気がします。
お互い一人で来ていたので次の日は一緒に観光に行くことになりました。(大雨で海に行けなかったので)

こうして沖縄での1日が終わりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!