無知は罪~障害者マークなどを知っていこう~

最近様々なことを知りたいと、好奇心旺盛なつかちゃんマンです!

無知は罪。
これが本当に分かったのは、私が病気持ちになってからです。

昨日、電車に乗っていてふと周りを見渡してみると8割がた…いや、もっと多くの人が下を向いて携帯をいじっていました。
それだけなら特に悪いことではない。
けれど、前に妊婦さんがいても、障害マークをつけている人がいても、体調がとても悪そうな人がいても、松葉杖をついている人がいても、全く気付かない。
それどころか、構わずぶつかる。。

そして、もっとまずいのは、障害マークなどのマークを知らない、ということ。
知らなければ、何か障害がある人がそれを付けているところで意味がない。
私も、自分がつけているマーク以外は殆ど知らない。
これは本当に問題だ。

最近、地下鉄では、内部障害マークの紹介もされている。
このような広める、という活動がもっともっと必要だと思う。
知らなければ何もできない。
しかし、それをそれで終わらせてはいけない。
各々、「知らない」ことを自覚して、それを改善するために自発的に行動していくべきなのである。

ここで少し、一部ではありますが、マークの紹介をします!是非、覚えて、付けている人がいるかどうか、周りを見渡してみてください!

・障害者のための国際シンボルマーク
障害者が利用できる建物、施設であることを示す世界共通のシンボルマーク(車椅子利用者を示すのではありません)

・身体障害者標識
肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマーク

・オストメイトマーク
人工肛門、人工膀胱を造設している人のための設備があることを示しています。

・ヘルプマーク
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることができるマーク

・ハート・プラスマーク
身体内部に障害のある人を示すマーク

 

みんなが、どんな人でも、どこでも、過ごしやすい社会を作るために。笑顔で生きていけるように。少しのことでも、小さなことでも、何かしらの行動に移していきましょう!!

この事だけではなく、さまざまな事を知ることは大事だと思います。社会で生きていくための力をつける。この意味でも自分のために、必要なことです。

と、いうことで!プログラミング…そしてExcel、Word、PowerPointは使いこなせると社会に出た時に役立ちます。ので、是非是非!苦手だなーっていう方は、弊社の教室に来てみてください!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で次世代人材アカデミーをフォローしよう!